« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月18日 (土)

いつの日か

140118140118_2

年末に身の回りのものを整理しましたが、この本だけは(この先読むことはないと思うけど)捨てられない1冊。ロンドンから帰国する際、向こうで一番お世話をしてくれた方(完全アウェイの職場で唯一の理解者でした)からの贈り物。当時、朝7時前に出社する彼に日本のマーケットの状況(日本のマーケットが閉まる頃ロンドンが朝を迎えます)を伝えることから1日がスタート。日中はずっと真横について一挙手一投足を見て学んでました(今思えばうざかっただろうな・・)。お前は他の日本人とは違うと言ってもらったことがとても励みになりました。日本に戻ってもディーラーとして研鑽するものと思われてたでしょうが、私は自ら希望して営業現場に出てしまいました。後悔はしていないけど、なんか裏切ってしまったような感覚を覚えたままです。でも、社会人としての心構えであったり、生き方みたいなものは、彼の背中を見て教わりました。いつか再びロンドンの地を訪れ、直接それを伝えたい、最近強くそう思います。お金貯めなきゃ・・降ってこないかな・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

不快感の正体

先日職場で全社員会があった際に、映像とともに流れていた曲。あ、この曲いいなと聴いてるとサビの部分で「恋するフォーチュンクッキー~」。AKBは好きじゃないけど、先入観を持たずに聴けば曲自体は悪くないのかな、と。さて話は変わりますが、昨日スマホを修理に出してきました。電源が落ちなくなったのでどうしたらいいかと、まずは購入した量販店に。auショップに行ってくれとのことだったのですが、対応になんとなく不快感。文句を言ったりいろんな客がいるから自然と身構えるのか、それとも当人的には至って普通でこちらの期待度が高すぎるのか。。いずれにしてもほんの1分足らずのやりとりで、なんか気分がダウン。その後auショップに行くと、男性店員が常に店内のお客に目配り気配りしている様子。私も1時間以上かかったけど、珍しくイラつくこともなく、店員の働きぶりを感心して見入ってました。先ほどの量販店での感覚との違いは何だろう。思うと、上から目線で対応されてると感じたことだったかも。つい知らずのうちに尊大な態度をとってないか、自分も普段から気をつけてることだけど、あらためてそう感じた1日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

今年もがんばります

新年明けましておめでとうございます。今年は何年かに1度のカレンダーに恵まれた年に東京に巣ごもりとなりましたが、せめてだらだらしないようにと、日常のリズムを保って過ごしてます。先日書いた隗より始めよを実践すべく、この休みの間は料理を手伝ったり(うちでは今までまずあり得ないことです)、1日1度は何かしらの整理整頓をするようにしてます。3日坊主にならないように頑張ろうと思います。例年はゆっくり出かける初詣も2日に行ってきました(かなり混んでて来年からはまたゆっくりしようと思いました・・)。今年は、一つ一つのことを考えだすと不安や心配がいっぱいですが、負けないように1日1%の努力をしてこうと意を決しております。・・と言ってるそばから体重計に乗れない現実逃避中でもあります。。

140102

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »