« フォトブック | トップページ | 謹賀新年 »

2012年12月31日 (月)

時間銀行のお話

東京で迎える年末は日常となんら変わりありません。今日の年末ジャンボが当たったら、取り急ぎ鹿児島行きのチケットを予約しようと思いかた。でもまあ、さすがに大晦日の今日ぐらいは身も心も整えて新年を迎える準備をしたいと思います。先週の休みに珍しく風呂の換気扇の掃除をしたら、長い時間上を向いたままだったせいか後頭部と首の境目辺りを痛めてしまい、いまだに湿布を貼りかたです。。今日は部屋の掃除でもして、かみさんのポイントを稼ぎましょうか。

先週、メルマガで「時間銀行のお話」を知りました。ネットで検索したら、SNSやらブログやらでいっぱい書かれているので、もしかしたら知らないのは私だけ?と思いましたが、かみさんも「知らない」というのでちょっと安心(笑) 「時間を大切に」は私のモットーでありますが、このお話がさして琴線に触れたわけでもありませんが、せっかく知ったので下にそのまんま転記させていただきます。来年も1日1日を、その瞬間を大切に過ごしていきたいと思います。

 時間銀行のお話

次のような銀行があると、考えてみましょう。

その銀行は、毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。

同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。

つまり、86,400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか。

もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。

私たちは、一人一人が同じような銀行を持っています。

それは、時間です。

毎朝、あなたに86,400秒が与えられています。

毎晩、あなたがうまく使いきらなかった時間は消されてしまいます。

それは、翌日に繰り越されません。

それは、貸越しできません。

毎日、あなたのために新しい口座が開かれます。

そして毎晩、その日の残りは消されてしまいます。

もし、あなたがその日の預金を使いきらなければ、あなたはそれを失ったことになります。

過去にさかのぼることはできません。

あなたは、今日与えられた預金の中から今を生きないといけません。

だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大のものを引き出しましょう。

時計の針は、走り続けています。

今日という日に、最大限のものを作り出しましょう。

1年の価値を理解するには、浪人した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、週刊誌の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。

10分の1秒の価値を理解するためには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。

あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。

そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。

そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。

昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。

明日は、まだわからないのです。

今日は、与えられれるものです。

だから、英語では「今」をプレゼント(= present)といいます。

|

« フォトブック | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

毎日めちゃめちゃ無駄にしてるよ(>_<)

でもやりたいことも趣味も何にもないのよねー。

てなわけで、今年も楽しいブログをありがとう(^^)

また来年も更新楽しみにしています♪

良いお年を( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

投稿: といとい | 2012年12月31日 (月) 19時21分

といといさん
だんなさんや子どもたちのために懸命に動いて、わずかな自分の時間も効果的にとなると、
そやもうスーパーウーマンじゃっど。
無駄なように見えてん、きっとトータルでバランスがとれちょったっが。
とは言いながら、あたいも趣味がなかしてねぇ。。。

今年もよもやま話におつき合いいただきまして、あいがともさげもしたm(_ _)m

来年が素敵な一年になるといいね。
よいお年を(^_-)v

投稿: sakuranboy | 2012年12月31日 (月) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153811/56432651

この記事へのトラックバック一覧です: 時間銀行のお話:

« フォトブック | トップページ | 謹賀新年 »