« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月23日 (日)

ようやく秋めいてきたかな

週末、急に涼しくなったようですね・・っていうのは、昨日は一歩も外でませんでしたf^_^; 今年は土曜日の22日が秋分の日だったため、振休にならずにちょっぴり損した気分・・と言うのはぜいたくでしょうか(^^ゞ 今朝新聞読んでて、ぼたもちとおはぎが、季節による呼び名の違いって初めて知りました。ぼたもちは鹿児島弁、おはぎは標準語、くらいに思ってた(f^^) 昨日はスーパーにおはぎでも買いに行こうかとかみさんに買い物を申し出ましたが、「今日は買うものないよ」ってことで、おはぎもあきらめました(^^ゞ 東京にいるとなんだか季節感がないですねぇ。ていうか、自分が出不精で動かないので当たり前ですが。。でも、そういえば通勤途中の公園で、蝉の声が鈴虫の合唱に変わってきましたね。明日は少し外に出て秋の気配を感じてみようかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

年かね

最近、年を感じるのが、近くの物が見えづらくなってきたこと。ご飯を食べるときに口元に持ってくるご飯がぼやける。。混んでる電車の中で、顔に近づけた新聞の字もぼやけて見づらい。。お洒落な老眼鏡でも買うか・・いや、まだまだ。きばって、あんまり好きじゃないもずく酢を食べるようにしましたf^_^; さて、昨日はインスタントコーヒーが切れたので、夕方、10分ちょっと歩いたところのスーパーへ。2割引きの乳製品をまとめ買いし、予定になかった団子も買って、両手に買い物袋下げて汗をかきかき帰ってきました。が、夜になってコーヒーでも飲もうかと思って初めてコーヒー買い忘れたのに気付き・・。そして今日、「昨日コーヒー買い忘れたので買ってくるよ。他に必要なものメモして」と同じスーパーに出かけ、「おっ、アイス2割引き。米菓も2割引き♪」と両手に荷物抱えて帰ってきました。・・・はい、今日もコーヒーは忘れました・・。たぶん・・みんなもよくあることですよね(・・あってほしいf^_^;)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

文化祭

昨日は息子の高校の文化祭に行ってきました。金土の2日間開催。自分らのときもそうでしたっけね?「楽しい~♪」って子はいいでしょうが、そうでない子は2日間は苦痛だな・・と思いながら見てましたf^_^; パンフレット見て驚いたのが、なんとクラブの部員が一番多いのがダンス部(今どきどこもそうなのかな)。総勢80数名というから、全校生徒の10人に1人。テレビにあふれるダンス番組に食傷気味、いつの間にやらの中学でのダンス必修化に違和感を禁じえない私も、女子高生の生のダンスは見てみたいと(笑)息子を誘って20分前に会場へ。ところが、すでに1Fから3Fまで入場を待つ長蛇の列・・・。2人とも似た性格で並んでまで見るのはめんどくさい(^^;;) 結局、午後はずっと休憩スペースで時間つぶし。目の前でやってた茶道部の模擬店の抹茶菓子の誘惑にはしっかり負けました(^^ゞ

120915 1209152


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

警告?

いまだに続く熟睡障害(?)・・最近おまけに夢見がとてもよくない。夢の中で生命の危険を感じ、起きてかみさんに話すと「突拍子もないことを・・」を一笑に付されますが、離婚された夢を伝えると「何か後ろめたいことでも?」と突っ込まれ、あいちゃ言わんけりゃよかったと(^^;;) そんなわけで現実に家族で食事をしたり、話をしたりしていることに感謝を覚える毎日です(^^ゞ 昨日は、ふだんは誘ってもてこでも動かない息子を何とか引っ張り出し、ファミレスで二人で食事。懐は痛いけど、外でこそ生まれる会話もあるので定期的にトライしてます(^^ゞ (学校は)大丈夫か?と聞くと、決まって返事は「大丈夫」ですが、真に受けて安堵してよいのか、苦労をしているのはわかってるのでつい不憫に思ってしまいます。。最近は子どもに勇気をもらってるかな。毎日乗り続ける体重計の数字はてこでも減らないし(壊れてんのか?と責めたくなる^^;)、胴囲を測るメジャーはちぎれるし、我が身に初めて起こった足首のむくれを眺めて相当なショックを受けてますが(一番のショックはかみさんに「男を捨てた・・」とつぶやかれたことかな(笑))、今日も前を向いて元気にがんばります。夢は警告かな(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

上善は・・

スマホに替えてから、帰りの電車はもっぱらネットサーフィン(^^ゞ 昨日、鹿児島の先輩のフェイスブック見てて、思わず目に留まった言葉が「上善は水の如し」。(先輩は一日一語で先人の言葉などを紹介してくれている)~私達人間は、自分を上に見てもらいたいと焦ったり、人と接するときも、自分のほうを上の優位なポジションに持っていこうとすることがある。一方、水は自ら低いところへ流れてゆく。自ら低いところへ身を置こうとするこの謙虚さと、どんな形にも変化する柔軟さが水の特徴であり、それこそが私達人間にとっても最上の生き方~。我が意を得たりって感じ。自分が心がけてるってわけではないんだけど、能力があっても謙虚じゃない人を見るとがっかりすることが多いです。できない者のひがみかもしれないけど。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »