« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

イライラ(^^;;)

木曜日、長~いトンネルを抜けて4ヶ月ぶりにその日のうちに帰宅。よいなこてです・・。でも夕べはまた2時前(^^;;) トンネルを抜ければそこは・・またトンネルでしたcoldsweats01 そんなことで毎夜12時半ごろ駅のホームにおりますと、いつもイラつくのが駅のアナウンス。○比○駅は、毎度のこと発車時刻を何分過ぎようと何の放送もなし。15分待たされても「電車が遅れております」の一言あれば「しゃあないな」と思うのに、何もないと5分でイライラ(^^;;) そして夜中の電車は、他の遅れてる路線の乗り換え客を待つので渋谷で5分、新宿で15分停車なんてことも。それ自体はしかたないけど、いつも気になるのが「本日に限り、この電車は○分の発車になります」のアナウンス。「おい、毎週じゃらよ」といつも心の中でおらびます(^^;;) こまんかことを気にし過ぎかな^^; そのうち「おいが駅にくるときはホームについて待っちょけ」ち、どっかのお大臣みたいなことを言い出しかねない・・(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

床屋のお兄さんに学ぶこと

すっかり週刊号になってしまいましたcoldsweats01 今週は平日の自宅滞在時間が合計で7時間半・・。会社から徒歩10分のところにカプセルホテルという便利なもんがあるおかげで、2泊しました(^^ゞ 浴場もついてて朝風呂が気持ちよく、くせになりそう(笑) 今日は15時に仕事を切り上げ、新宿で買い物して、地元の床屋に。ここ2~3年は千円カットの店を渡り歩き、安かろう悪かろうじゃないけど「千円だから、しようがないか・・」の連続。200円ずつグレードを上げたりしながら、値段と質のよか按配の店を探し続け、前回初めて行ったところが「いいかな」って感じだったので今日2回目。驚いたのが、前回1度話しただけなのに、床屋のお兄さんが実にいろんなことを覚えてて話題を振ってこられ・・。40年近く床屋で「ええ」とか「はい」とか「そうですねぇ」しか言ったことない私が、いろんな身の上話をするからわがれでもびっくり。客商売とは言え、たいしたもんだなぁと感心しました。独立して間もないお兄さんが、人知れぬたゆまぬ努力をされてることが想像つきますが、自分のことを知ってくれてるというのはやっぱりうれしいですよね。我が身を振り返って勉強させられますthink

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

感謝

先日、田舎の母親からつけあげと菊屋のお菓子が届いた。ただでさえ甘いものに目がない私ですが、母親の心遣いを感じながら、春駒、おごじょ(http://www.kikuya-okashi.net/product.html)をいつも以上においしくいただきました(^^) 先週は他にも折れかけた心にちょっとした元気を与えられたことも。何曜日だったか(けやすれたsweat01)渋谷駅のホームでばったり同級生のricoさんに遭遇。確率でいえば何千万分の1のことでしょうか。また鹿児島のといといさんからは桜島の写真を送ってもらい、俄然アドレナリンが上昇(^^) 夕べも徹夜で(4回目・・)職場では久しぶりに会った人に「元気?」と聞かれても「いいえ・・」と答えてしまい、「よく頑張れてますね」と言われても「もう無理です・・」と答えてしまうほどですが、勇気を与えてくれる人たちがいることに感謝し、また何か見えない力に支えられていることも実感する一週間でした。今日は父の誕生日。毎朝毎晩、南の空に向かって心の中で「ありがとう」と言ってます。頭に浮かぶのはいつも、幼い私の手を引いていた父の姿。もう父の年齢に近づいてきてなと思うと感慨深いものがありますね。夏はなんとしてもお墓参りに帰りたいです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

最近の体の支え

金曜日はまたしても徹夜・・。人はワーカホリックなどと言いますが、こんな状態は1日も早く抜け出したい・・。神様はまだまだ私を鍛え足りないようです(^^ゞ カラ元気も出ない中、精神的支えはやはり家族ですが、前にも紹介した生協の青汁と、マイミクのfloorさんに教えていただいた黒酢にんにくがとっても体に効いてる感じ。この3ヶ月ほぼ毎日終電近くですが、栄養剤に頼ったのが3度だけ。ほんとは睡眠と食事での栄養補給が大事なのはわかってるけど、それができない間は仕方がないか。。私と同じ状況の職場の仲間にも黒酢にんにくを紹介しました(^^ゞ この夏、また桜島を眺めて温泉に入れるように、青汁と黒酢でこの苦境を乗り越えねばrock

110703_2 110703_3 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »