« ほがなか・・ | トップページ | 高円寺駅で »

2007年7月 4日 (水)

赤い指

「赤い指」東野圭吾の作品です。つい夢中になって1日で読んでしまいました。(一応ちゃんと仕事もしてます(^^;) いろんな意味でとても考えさせられる作品ですね。現代の世相がつまってて、ちょっと読んでみることをお薦めします。

私もこの年になって世の中の難しさや、人間の本性、非情、裏表、ほんとの優しさ、などなど改めて思い知ってる次第です。。今朝、電車の中で高校生の男子が息子に席を譲ってくれました。この高校生は先日も譲ってくれました。彼もごった返しのホームでずっと並んでようやく座ったはずなんですが、何もためらわずに声をかけてくれました。「いいですよ」と言っても、「いや、とてもつらそうだから・・」と。勇気に敬意を表して2回とも好意に甘えましたが、その少年がちょっとむすっとしてるところがまたさりげなくていいなと思います。

|

« ほがなか・・ | トップページ | 高円寺駅で »

コメント

勇気のある美しい心をもった高校生ですね・・・
昨今、あたりまえのことがあたりまえにできることが難しくなってしまった世情であったりします。

投稿: 39ここあり | 2007年7月 5日 (木) 11時02分

よく「最近の子どもは・・」ていう決まり文句を耳にしたものですが、街中や電車・バスの中などでマナーを知らないおじさんおばさん、兄ちゃん姉ちゃんたちを見ると「最近の大人は・・」と嘆きたくなります(-o-;)

投稿: sakuranboy | 2007年7月 6日 (金) 05時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い指:

« ほがなか・・ | トップページ | 高円寺駅で »