« 風水 | トップページ | 中央線 »

2007年1月20日 (土)

最近、「絆」という本を読みました。2001年に北極で亡くなられた河野兵一という冒険家の方の奥さんが書かれた本です。とても感銘を受けました。私は冒険が好きなわけでもなく、また私と全く違う生き方に憧れの気持ちを抱いたわけでもありませんが、苦しみを味わった人の「おもみのあることば」が胸に響きました。詳しくは触れませんが、今、普通に生きて、普通の暮らしができているということが、普通の当たり前のことではなく、奇跡に近いことである、ということを実感しました。

さて、JOBAのおかげで出かける前に新聞を読み終わるようになったので、電車の中で本を読む時間ができ、今週は2冊読めました。もう一冊は、内館牧子さんの「忘れないでね、私のこと」。これは題名から受ける印象とは違う痛快なエッセー集で、とても読みやすくて楽しかったです。

|

« 風水 | トップページ | 中央線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 風水 | トップページ | 中央線 »