« 紙屋悦子の青春 | トップページ | おしゃれイズム »

2006年10月26日 (木)

暴力

串木野の神村学園の野球部監督が部員に暴力、というニュースが出ててました。どこかの記事を読んだときは、遠征中に監督が部員を殴るのを見て、見てた人からいかがなものかと通報があったとか。まぁ、この件は直接見たわけでも、普段のことを知ってるわけでもないのであれこれ言えたものではないですが、昨今の体罰禁止の風潮(もうだいぶ前からなんでしょうか?)には考えさせられますね。体罰を認めようもんならどんなことをしでかすかわからない奴もいるんでしょうが、一方では「先生は手を出せない」ことをよ~く知っててなめた子供がいるのも事実です。私は、子供が3年生くらいまでは、授業参観日ではなくあえて普段の日に一人で観にいくことが多かったですが、・・よほど先生の代わりに殴ってあげましょうか、という気分にもなったものです。難しい問題です。

|

« 紙屋悦子の青春 | トップページ | おしゃれイズム »

コメント

自分達が小さかった頃には,部活と言うのに,指導上の暴言やら,びんたくらいは当たり前でした。ソコソコの部活でそうだったから,本格的なとこは,もっとあったんじゃないかな??
暴力を,どの段階から,「暴力」と呼ぶか,「指導」と呼ぶかと議論され始め,今では,すっかり,手を上げる自体がよくないとも言われてますよね~
ちょっとした事で,体罰だとか,言い方が悪いとか,先生方もやりにくいと思う。ほんと今の子は,能書きだけはしっかり一人前だし,私が親なら,拳骨食らわして,飯抜きは当たり前だ~って思う・・・
それを虐待と呼ぶ人もいるのかもしれないけど,人間の根っこの部分を育てる時期に,大人が舐められたら,いけないと思う。

投稿: marippe | 2006年10月26日 (木) 10時15分

marippeさん、
少なくとも高校を卒業するまでは、体罰は日常の普通の光景でしたね。
子供が学校に通うようになるまでの間、そんな議論があったとつゆ知らず、
現在の事情を知ってびっくいしかたでした。
よく正月に成人式で暴れるばか者どもがテレビに映し出されますが、
当然の成り行きのような気もしてきます。。

投稿: sakuranboy | 2006年10月27日 (金) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴力:

« 紙屋悦子の青春 | トップページ | おしゃれイズム »