« ひなまつり | トップページ | いい加減 »

2006年3月 5日 (日)

謝る勇気を

先日、息子が大きなたんこぶを作って帰ってきました。学校のトイレで友達に押されて、石塀の角っこで強打したみたいです。痛さに大泣きしたようですが、傷の痛み以上に、一番信頼してたつもりのその友達に「何もしてない。勝手に転んだ」と言われたことがどうしようもなく辛かったと思います。教える大人が少なくなったのかもしれませんが(大人のほうができてなかったり・・)、「ありがとう」や「ごめんなさい」を言える勇気を持ち続けたいですね。

|

« ひなまつり | トップページ | いい加減 »

コメント

こぶは大丈夫ですか?元気を出すように励ましてください。

投稿: shinmoti | 2006年3月 7日 (火) 00時16分

大丈夫です!

投稿: sakuranboy | 2006年3月 7日 (火) 02時43分

仕事中にすいません(汗)。
今回のことで、お子さんが人を信じられなくなることが心配ですね。
仲間や友達、上司と部下、夫婦や恋人・・・人と人の関係は様々ですが、顔を合わせるだけで、声を聞くだけで、そこにその人がいるだけで・・・「自分はひとりじゃないんだ」と感じられるそんな(人)が誰にでもいるはずです。
学校っていう場所はそれを教えてくれるひとつの場所であることを信じて、お子さんが今後、そんな一生つきあえる誰かとめぐり逢えることを祈っています。

・・・でも、たんこぶは痛いっす。。。。

投稿: 裏・第一生命 | 2006年3月17日 (金) 12時44分

裏・第一生命さん、こんばんは!
人間関係って難しいですよねぇ。
変に期待したり、見返りを求めたりしないで、てげてげな感じでいったほうがいいんでしょうね~。
それにしても、気になるお名前です・・。

投稿: sakuranboy | 2006年3月23日 (木) 02時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謝る勇気を:

« ひなまつり | トップページ | いい加減 »